韓国人パパの人生と育児 with 哲学

育児と人生について、クリシュナムルティ(J. Krishnamurti)の言葉から気づく日常を書き残しています。コメントや批評全てご自由に。

(日記) 秋風とせせらぎ

f:id:olewakbh:20201117222121j:image

ラキラ輝く池と岩。

その中で静かに流れる

せせらぎと子どもの笑い声。

 

黄緑の雑草広場の角には、

細長い漆黒のベンチが、

決して訪れた人を邪魔することなく

静かに置かれていた。

 

f:id:olewakbh:20201117224140j:image

「よ〜い ドン!」

端っこから端っこまで。

何度も走り回る息子の背中は、

いつの間にか大きく

そして強くなっていた。

 

暖かい岩の上に

小さいおもちゃを広げ

風に揺れる影と一緒に

日向ぼっこをしている娘。

f:id:olewakbh:20201117222213j:image

 

そこには、

雲ひとつない真っ青な空が、

果てしなく続く山々が、

名前の知らない鳥のさえずりが、

ゆっくりと揺れる金色のススキが、

決してバラバラではない、

一つとして流れていた。

 

偶然見つけた古民家カフェ。

美味しいプリンを争う小さな手。

丁寧に作られた塩おにぎりと

丸く暖かいおしぼり。

 

f:id:olewakbh:20201117222240j:image

至る所に配慮が感じられる小物の数々。

子供は教えなくてもその全てに気づき、

自分が歓迎されていることを知っていた。

 

そしてその無邪気な後ろ姿に、

午後の日程はどうでもよくなる。

 

***

ランチ時間。

限られた自然食を目当てに、

次々と車と人が現れた。

 

かわいい。

かわいい。

かわいい...。

 

小物や古いオブジェ。

有名なプリンを前に何度も笑顔で

写真を撮ることに夢中な人々。

 

目の前にある対象を

ありのまま見ることなく、

記録し過去に残すことに夢中な人。

そしてまた未来のことでいっぱいの人。

...。

 

その夢中は、そこがどこであれ、

絶え間ないシャッター音のように

次々と対象を変えていった。

 

こだわりの素材、小物の配置、

古民家特有の雰囲気と安らぎ。

それら全てが絶妙なほど

秋の風景に溶け込んでいる

今日という幸運に気づいている人は

あまりいなかった。

 

f:id:olewakbh:20201117224440j:image

 

価値。

みんなが探し求めるその価値は、

小さいスマホ画面から覗き込む

その写真の中にあるだろうか...。

 

綺麗な角度や上手く切り取られた

イメージや無数のハッシュタグや

いいねの中にあるだろうか。

 

目の前にあるものを

ありのまま見ることが

できないというのに...。

 

刻々変化する光や風に

安らぎを感じることが

できないというのに...。

 

過去や未来にとらわれ、

今を生きれないというのに...。

 

数千数万のいいねやフォローに

何の意味があるというのだろう...。

 

... 


「はやく!はやく!」

手を引っ張られ、よじ登った

その岩のてっぺんには...

揺れる金色のススキのように

過去でも、未来でもない今が、

... 息子の笑い声とともに

静かに流れていた。

 

* BGM : 庭の木のみる夢 | ハンバートハンバート

f:id:olewakbh:20201117225111j:image

 

lcpam.hatenablog.com