韓国人パパの人生と育児 with 哲学

育児と人生について、クリシュナムルティ(J. Krishnamurti)の言葉から気づく日常を書き残しています。コメントや批評全てご自由に。

【抜粋】幸せは何なのでしょうか。

f:id:olewakbh:20201217181720j:image

 

質問者 幸せは何なのでしょうか。

私はいつもそれを見つけようとしてきましたが、なぜかそれは私の道には来ないのです。

私は人々が多くのさまざまなやり方で楽しんでいるのを見ますが、彼らがすることの多くはとても未熟で子どもっぽく見えるのです。

私は彼らは彼らなりに幸せなのだと思うのですが、私は違った種類の幸せがほしいのです。

私は、それを得ることが可能なのかもしれないという暗示はまれにあるのですが、なぜかそれはいつも私を避けてきたのです。

私は本当に完全に幸せに感じるには何ができるのかと思うのです。

 

 あなたは、幸せはそれ自体が終わりの目的であると思うのでしょうか。

それともそれは、智恵をもって生きるなか、二次的なものとして来るのでしょうか。

 

質問者 私はそれ自体が終わりの目的であると思うのです。なぜなら、幸せがあるなら、そのとき何をしようとも、調和的になるでしょうから...。そのとき、努力なく、容易に、どんなあつれきもなく、ものごとをなすでしょう。私は確かに、この幸せのなから何をしようとも正しいだろう、と思うのです。

 

 しかし、そのとおりでしょうか。幸せはそれ自体が終わりの目的でしょうか。

美徳はそれ自体が終わりの目的ではありません。もしそうであるなら、そのときそれはとても小さな事柄になるのです。

あなたは幸せを探し求められるでしょうか。

探し求めるなら、そのときたぶんあなたは、あらゆる種類の気晴らしと耽溺のなかに、それの模倣を見つけるでしょう。これは楽しみです。

楽しみと幸せの間の関係は何でしょうか。

 

質問者 私は自分自身に訊ねたことがありません。

 

 私たちが追求する楽しみは、誤って幸せと呼ばれます。しかし、あなたは楽しみを追求するように、幸せを追求できるでしょうか。

確かに私たちは、楽しみが幸せであるのかどうかについて、ごく明確でなければなりません。

楽しみは、愉快、満足、耽溺、娯楽、刺激です。私たちのほとんどは、楽しみが幸せであると思うし、最大の楽しみを私たちは最大の幸せであると考えるのです。

そして、幸せは不幸せの対極でしょうか。

あなたは、不幸せで不満足であるから、幸せになろうとしているのでしょうか。

幸せは、いったい対極があるのでしょうか。愛は対極があるのでしょうか。

幸せについてのあなたの疑問は、不幸せであることの結果でしょうか。

 

質問者 私は、世界のその他と同じように不幸せですし、自然にそうでありたくないと思うし、それが、私をして、幸せを探し求めるよう駆り立てているものなのです。

 

 それで、あなたにとって幸せは、不幸せの対極です。

もしも幸せであったなら、あなたはそれを探し求めないでしょう。それで、重要なことは、幸せではなくて、不幸せが終わりうるのかということです。これが本当の問題なのでしょう。

あなたは不幸せであるから、幸せについて訊ねているし、あなたは幸せが不幸せの対極なのかどうかを見出さずに、この疑問を訊ねるのです。(中略)

「クリシュナムルティ 変化の緊要 藤仲孝司」