韓国人パパの人生と育児 with 瞑想

育児と人生について、クリシュナムルティの言葉から気づく日常を書き残しています。コメントや批評全てご自由に。

(日記) 慣れと沈黙

f:id:olewakbh:20210121160652j:image

 

の隙間から漏れ出る日差し。

青い葉っぱの上で輝く朝露。

今にも消えてしまいそうな透明な月。

 

穏やかで激しいその空き地には、

夜明け前の静けさが…

人が決して作り出すことのできない

沈黙が充満していた。

 

しかしそれは…

輝く朝露や透明な月への感傷でも、

そうやって自分が見たいものに集中し、

特定の何かを見つめることではなかった。

 

またそれは…

数えきれない昨日から探し出せるものでも、

自分のちっぽけな知識から見つけ出せる

ようなものでもなかった。

 

それは決して…

慣れることのできない何かであり、

静けさという言葉でしか言い表せない

何かであり、

 

そしてその言葉さえも…

全て無意味であることに気づくとき、

そのとき初めて訪れる、

静けさであり、沈黙であった。

***
f:id:olewakbh:20210121160853j:image

 

慣れること。

新しい環境に適応すること。

新しい人間関係に溶け込むこと。

 

未知の何かと対面するとき、

人はその何かに慣れることに

多くのエネルギーを注ぎ込んでいた。

 

未知の何か。

経験したことのない何か。

知らない、そして不慣れな何か。


その不確実性に

その不予測性に

その不安定性に…

 

人は決して…

その何かをありのまま見つめようとせず、

そこから不安と恐怖を感じ、常により確かで、

より安心できる何かへ逃げようとしていた。

 

また、不安と恐怖に居場所を失った思考は、

それらに「問題」や「ストレス」という

名前を付けては、ありもしない幻を

作り上げていた。

 

そして人は、その幻と自分とを分離させ、

まるで別個に存在する一つの事実のように

それを眺め、その解決に、それからの逃避に

苦心していた。

 

しかし思考は、自分を苦しめているのは、

他ならない自分自身であることに…

自分と苦しみは別個ではないことに...

死ぬまでそれを繰り返していることに…

その果てしない悲しみと虚しさに

気づかなかった。

***

 

慣れること。

不安と恐怖が自分に問題となるや否や、

それを解決するための目標が現れるや否や、

そこには常に、その目標から得られる

何かの結果や報いが、そしてそのための

努力あった。

 

しかし、その目標が達成されたとき、

その努力が終わるとき…

人は、決してそこにとどまることなく、

その穏やかで静かな平穏を保つことなく…

 

新たな恐怖と不安を見つけ出し、

新たな問題とストレスを抱えて

自分を苦しめはじめる。

 

そしてその繰り返しが...

「生きること」「人生である」と

何度も自分に言い聞かせていた…。

***
f:id:olewakbh:20210121161143j:image

 

がつくと、

その空き地は、黄色い輝きで溢れていた。

あちらこちらに咲いた雑草と花は、

まるで子供のように陽光に喜び、

生き生きしていた。

そしてその上を、心地よい鳥のさえずりが

行き交っていた。

 

あの月と同じように…

思考が、その姿を消したとき、

 

そこには相変わらず…

決して慣れることのない

全く新しい静けさと沈黙があった。

 

そして…それが「人生」かどうか…

…それが「生きること」かどうかは

 

…単なる言葉に過ぎない、

無意味さ、そのものでしかなかった。

 

 

* 寝れない夜に feat.yama | くじら

 

lcpam.hatenablog.com