韓国人パパの人生と育児 with 瞑想

育児と人生について、クリシュナムルティ(J. Krishnamurti)の言葉から気づく日常を書き残しています。コメントや批評全てご自由に。

人生について...少し話をしませんか。

 

f:id:olewakbh:20210415102222j:image

 

人生について…

違うようで似ている、
あなたと私の、人生について…
今から、少し話をしてみませんか…?

 

…勿論、いつものように、
スマホ画面をスライドしながら、
内容を読み飛ばし、たまに…
写真の前で少し止まるような、
そんな感じでも構いませんので…

 

心地よいソファーに包まれて
コーヒーを片手に、そうやって
気楽に互いの話に耳を傾ける
昔からの友人のように…

あなたと私、二人で、
私たちの人生について、
…少し話をしてみませんか?

 

f:id:olewakbh:20210415093542j:image

 

あなたが好きなあのドラマのように
笑ったり、泣いたり、感動したり…
そうやって感情を揺さぶる激しさは
ないかもしれませんが…

 

白い泡がゆっくり弾くコーヒーのような

癒される何かはないかもしれませんが…

 

…それどころか、少し違和感を感じたり、
心のどこかでずっと押しやってきた何かを、
二度と眺めたくなかった何かを突きつけられ、
不快感と苛立ちを覚えるかもしれませんが…

何事も、真剣に話し合う二人の友人のように…

 

未来の予定など気にすることなく、
今ここで話をするためだけに、
そうやって…互いに向き合って…
話をしてみませんか?

とてつもなく大きな木の下で、
気持ちいい朝の日差しとそよ風に
揺れている葉っぱの光を感じながら…
言葉にはできない、忘れていた
あの懐かしさの中で、一緒に座って、

 

...少し話をしてみませんか?

 

f:id:olewakbh:20210415084432j:image

 

「否定されるかもしれない」
「ただ頷いているだけかもしれない」


そういう心配や不安に悩まされることなく、
まるで赤ん坊を観察するかのように、
語られる話に自分が出来る全ての注意を
払って見守るかのように…

あなたの人生の話を...

 

数々の出来事と喜怒哀楽を、
そしてそこから学んできた全てを…
それで…思わず一緒に笑ったり、

泣いたり、怒ったりする、その話を…

「良い」「悪い」と言わずに、
否定したり、無闇に共感することなく、
それで何の意図も何の目的もなく、


語られるその話を、ただ…ありのまま傾聴し、
言葉と、言葉ではないその全てを感じ取るように、

あなたに対する記憶やイメージを全て忘れ、
それで、話をしているのはあなたではなく…
まるで自分自身であるかのように…

 

そうやって…互いに向き合って…
少し話をしてみませんか?

 

f:id:olewakbh:20210415085338j:image

人生とは何でしょうか。

それは朝九時から夕方六時まで仕事に出かけ、家に帰ること。それで、次の仕事までの間、疲れを癒したり、何かの娯楽を楽しんだりする、その日常のことでしょうか…?


生計のために何かのスキルを習得し、宣伝をし、競争に勝ち抜き、それからは決まりきった日常から安心感を感じ、それを継続させるために日々悩み、苦しむことが人生でしょうか?


そして経済的余裕ができれば、精神的余裕を求め、気高い社会貢献やボランティアに専念すること。それで、自分の信念や価値観が間違っていないことを何度も、正当化し続け、それをまわりに、子どもに何気に自慢し続けること。


無数の目標を作り出し、それを達成するために頑張り、それで、自分を認めてくれる誰か、花まると共に、喜んでくれる誰かを期待しながら生きていくこと。

 

毎日自ら作り上げた葛藤と苦しみを、持ち帰って相手を憎み、ストレスを発散し、そして次の朝には何もなかったかのように誰かと出会うこと。

 

…それが、人生でしょうか。

 

f:id:olewakbh:20210415085445j:image

 

もし、そうではないもの、

その全てを否定すれば...

そのとき初めて...

本当の人生というものが、

言葉では伝えることのできない何かが、

 

ゴールや最後の目標にではなく、

まさにその否定と同時に...

最初に現れるのでしょうか?

 

... 私には分かりません。

ですが、人生とは...もしかしたら...

それらとは全く違う何かかもしれません。

 

また、この全ての話を、

何年も同じ話をしている、

私のちっぽけな信念や価値観とは、

全く無関係な何かかもしれません。

 

それで... もしかしたら、

これまで正しいと思ってきたことは、

何もかも間違っていたかもしれません。

 

...ですので...

 

人生について…

 

違うようで似ている、

あなたと私の、人生について…

今から、少し話をしてみませんか…?

 

最後にあるゴールや結論ではばく、

最初が、常に最後である...

私たちの話を…。

 

f:id:olewakbh:20210415102056j:image