韓国人パパの人生と育児 with 哲学

育児と人生について、クリシュナムルティ(J. Krishnamurti)の言葉から気づく日常を書き残しています。コメントや批評全てご自由に。

(日記) 自然と愛


f:id:olewakbh:20210826182651j:image

西へと流れる積乱雲を背景に
黒いトンビがゆっくり飛んでいる。

揺らめく青いユーカリの上で
休む場所を探すアシナガバチ。

無邪気に飛び回るトンボの間を
優雅に突っ切るツバメ。

眩しい金色の夕焼けに
雑草たちは息をひそめ、
久しぶりの陽光を眺め、
ただただ風に自分を任せる。

***

夏、秋、冬、そして春…

何かを終わりと始まりに区別し、
その区別から自然を眺める。

そこには常に…それを表す言葉と、
目の前にある何かとの区別がある。

「夏の終わり」
「新緑の始まり」…

そしてその言葉がその区別が、
人をして無数のイメージを
無数の感情を引き起こす。

そうやって自然は…
好き嫌い、苦手…感情や感傷に、
夏や冬…言葉の持つイメージに、

その輝きを、終わることの無い連続性を、
知覚されないまま…限られ、遮られ、
踏みにじられてしまう。


f:id:olewakbh:20210826182940j:image

365日…20年、40年、80年…
果てしのない時間の中で、

いつの間にか人は…
人生を時間というイメージから眺め、
そして限られた時間を、
より効率的に、よりコスパ良く
費やすことを人生最大の課題のように
取り組んでいく。

そして殆どの教育は…
その取り組み方を称賛し、
少しでも早く、少しでも安定的に…
それを達成するように駆り立てる。

その中で自然は…
まるで聖地を巡礼する信者のように…
訪問先を競い合う観光客のための...
疲れた体や気持ちを治す手段に成り下がる。

またその一方で…
エコや自然保護、持続可能な開発…
気高い信念やボランティア活動の手段として
眺められ、利用され、飾られていく。


f:id:olewakbh:20210826183024j:image

「自然は利用すべきだ!」
「自然は守るべきだ!」

そうやって人は常に…
何かの手段として自然を
利用し、保護し、または無視する。

しかし金儲けのための利用も、
気高い信念の手段としての保護も、
そのどちらも…それを眺める、
「私」や「自分」という主体が
目の前の自然を解釈し、評価し、
それから導かれた結論や信念を貫くための
都合の良い手段として眺めているに過ぎない。

そうやって人は…
自然との関係を失ったまま…
またそういう自分の姿に気づかないまま…
もっぱら自分という主体から眺め続け、
それを「関係」と名付け、微笑む。


f:id:olewakbh:20210826183500j:image

***

土の匂い、
コオロギの鳴き声、
風に揺れる葉っぱの輝き、
そのまわりで懸命に生きる昆虫たち、
産卵場所を探すアゲハチョウの羽ばたき、
そして穏やかに流れる風の質感。

何かの信念や手段からではなく、
それを作り出す自分という主体ではなく、
目の前にあるものを…だた眺めるとき。

信念があって、その次に来る行動ではなく、
信念と行動が…一つとして何の区別もなく、
同時に行われるとき。

無邪気な子供を眺めるように…
自分の知識や経験、
何かのイメージからではなく、
誰かを、ありのまま眺めるとき。

何の努力も、何の抑制もせず、
ただ目の前のありのままに気づき、
それにとどまるとき…

人は…その中でうごめく、
何かのエネルギーを見つけるかもしれない。

そしてそこに…
愛が、関係が花開いていることを…

見つけるかもしれない。
 

lcpam.hatenablog.com