韓国人パパの人生と育児 with 哲学

育児と人生について、クリシュナムルティ(J. Krishnamurti)の言葉から気づく日常を書き残しています。コメントや批評全てご自由に。

さあ、およぐぞ。

f:id:olewakbh:20211228023119j:image

「さあ、およぐぞ。」
くじらは、青い 青い
空の なかを、
げんき いっぱい
すすんで いきました。

うみの ほうへ、
むらの ほうへ、
まちの ほうへ。

…何年ぶりだろうね…
君のことを思い出すのは…

まだ肌寒い土曜日の夕方、
薄暗い小さなレストランで、
緊張していた僕の結婚式を…
窓側の奥で生まれたばかりの赤ん坊を、
あやしながら眺めていた君のことを…

赤と紫で綺麗なハンボクと髪の毛で、
静かに座っていた君の最後の表情を…

何年ぶりだろうね…

どうしてもっと早く教えてくれなかったの!
言葉を選ぶ母に怒っていた…
あの日のことを思い出すのは…

何年ぶりだろうね…

もしというのはないだろうけど、
もし…君が今も生きていれば…

育児のことについて、
親としての人生について、
旦那さんへの不満について、
そしてあの頃の思い出について…

きっとふざけ合いながら、
話し合っていただろうね…

同じ年に生まれたこと以外、
性別も、親も、環境も…
何一つ同じではなかったのに…

多くの甥や姪たちを優しく、
引っ張る姉と兄として…
互いを支え合っていたことを…

どうして僕は…
今になって…その全てを、
昨日のことのように…
思い出しているだろうね…

そう…もし君が生きていれば…
二人で、はしゃぐ子供たちの背中を
眺め、きっとあのときのことを、
笑いながら話していたんだろうね…


f:id:olewakbh:20211228024900j:image


昨日への「死」がある時、
その時…本当の「生」が現れると…
誰かが言っていたんだけど…

僕は、花開く死を眺めることに…
歳と共に変わり続けるその花の姿に…
耐えきれずに逃げたりしないで、
思い浮かぶ感情、その全てをただ...
ありのまま…眺めるその中にこそ…
生というものがあるのだと…
少し自慢げに...話していたんだろうね。

何年ぶりだろうね…
そして…どうしてだろうね…

息子が読んでくれた、
あのくじらぐもの話に…
ずっと忘れていた君のことを
思い浮かぶのは...

でも…
今日はいいよね?
今日は少し感傷的になっても…
今日は少し涙を流しても…
...いいよね?

きっと…君は…
あの青い空の中を、
元気いっぱい…
すすんでいるだろうから…

「さあ、およぐぞ。」
くじらは、青い 青い
空の なかを、
げんき いっぱい
すすんで いきました。

うみの ほうへ、
むらの ほうへ、
まちの ほうへ...

みんなは うたを
うたいました。

そらは、どこまでも
どこまでも 続きます…


f:id:olewakbh:20211228030727j:image

♬いくつもの |寺尾沙穂

 

lcpam.hatenablog.com

 

lcpam.hatenablog.com