韓国人パパの人生と育児 with 瞑想

育児と人生について、クリシュナムルティの言葉から気づく日常を書き残しています。コメントや批評全てご自由に。

(日記) 抵抗とエネルギー

 

f:id:olewakbh:20210405214737j:image

 

ちゅうりっぷだ!

 

心配事や時間に追われ、

玄関と車を何度も行き来している

自分の隣で...娘はそう叫んでいた。


少しの無駄も許されない、

少しの余裕や休息も...与えられない、

息が詰まりそうな平日の朝という

世界からかけ離れたところで…

 

娘は、ただひとり…

大きく見開いた瞳を輝かせながら、

キラキラ光る、小さい靴を止め...

赤い鉢の中で、静かに朝日を浴びている

チューリップを眺めていた。

 

「いち、にい、さあん、よおん、ご!」

「ごこもある!」...

 

言葉では言い表せない花びらと香り。

その下で色鮮やかに煌めく青い葉っぱ。

 

それはまるで...世界一の染料を、

花びら一つ一つに染めたような、

目が痛くなるほど、強烈な色彩と光を放つ、

これまで一度も見たことのない花だった。


はやく!はやく!遅刻しちゃうよ!


しかし今日も僕は...

まるで何かから逃げるかのように、

朝日で輝いている、あの小さい手を

無心に、強引に...引っ張っていた。

 

f:id:olewakbh:20210405084628j:image

 

「約束」「遅刻」「生計」...

何かへの心配事や不安。

そしてそれらを作り上げた社会や

特定の対象に抱く不満と憤り。

 

しかし手を引っ張り、車を走らせても

...どんなにそこから逃げ出しても...

自分に「不自由」を感じさせる、あの感覚が、

その中でもがく自分への苛立ちや自己嫌悪が...

消え去ることは... けっして無かった。

***


抵抗。

何かから不自由を感じるのも、

その不自由の反動として自由を追い求めるのも、

その目標としての自由に辿り着けない自分に

苛立ちや自己嫌悪を感じるのも、

全て... 自分が作り出した葛藤、

そして...抵抗でしかなかった。

 

人生という果てしなく続く川の中で、

比較、競争、快楽、無慈悲、暴力...

激しい流れに溺れないように...

それで自分自身を頼りに、ただ一人、

立ち向かわせる、生きるエネルギーが、

今日も...終わることのない葛藤と抵抗で

消耗されていく...。

 

そして... それが、何千年も何万年も...

果てしなく続いていることに...

その大きな「悲しみ」の川に...人は生きていた。

 

f:id:olewakbh:20210406083640j:image

 

葛藤や抵抗を抱えずに、

それで生きるエネルギーを消耗せずに、

生きることは、可能だろうか?

 

何かの不自由から自由を求めるのではなく、

自分に苛立ちや自己嫌悪を感じることなく...

 

その全ての不毛さと危険性に気づき、

その気づきという、「自由」の中で...

生きることは、可能だろうか?

...

私は、ただひとり…

自分自身を眺め、そう問うていた。

そのとき...。

咲き乱れる香りと色彩で輝く朝が、

これまで一度も見たことのない、

途方もなく美しい朝が... 目の前に広がっていた。

 

f:id:olewakbh:20210406142234j:image

 

 

lcpam.hatenablog.com