韓国人パパの人生と育児 with 哲学

育児と人生について、クリシュナムルティ(J. Krishnamurti)の言葉から気づく日常を書き残しています。コメントや批評全てご自由に。

(日記) 思考と自然

f:id:olewakbh:20210512131543j:image

久しぶりの雨に洗われた木々が
透き通った空を背景に、色鮮やかに輝く。

そよ風に波打つ葉っぱの上を
黒い鳥たちが静かに飛び交う。


子どものお描きのような緑が
無邪気に彩られている山々。

「昨日の何か」
「いつもの何か」…。


過去に過ぎない記憶や、
その記憶と共に
呼び起こされる感情が…
やがて言葉として吐き出される。

「懐かしい」
「美しい」


そうやって今日も人は、
目の前に広がる「未知の何か」を、
「過去に決して存在しなかった何か」を…
自分の記憶から、その反応から眺める。


そしてその感情に心酔し、その全てを
言葉として表現することに夢中になる。


しかし、まさにその心酔と夢中が…
目の前の何かを歪め、曇らせていることに…
それにこだわればこだわるほど、その表現を、
さらに…
ちっぽけなものにしていることに
気づくことなく、

今日もまた…
目の前で広がるあの美しさから目をそらし、
ちっぽけな自分の表現を眺め、微笑む。

***

f:id:olewakbh:20210512132342j:image

記憶も、感情も、言葉も…
それで全ての思考も持たずに、
好きな部分だけを選び取ることなく、
自分の視界に入ってきた自然を
その全てをありのまま…ただ眺める。


そのとき人は、
無数の葉っぱを垂らしている木々が
その間を静かに流れる小川が、
あらゆるものを自分の住み処とする
数えきれない命が…

過去ではない今を懸命に生き、
その懸命さという秩序をもって
自ら調和を保っていることを…

そして愛は…
まさにその調和の中にあることを
見つけるかもしれない。


それは、決して…
セメントや高価な何かでは作り出す
ことのできない美しさであり、
過去や未来…人が生きている時間という
思考に縛られない自由という安らぎであり、

それで... 決して劣化することのない、
ただそこに…いつも新しく存在している
何かである。


しかしそれを言葉にしようとするとき…
まさに、その言葉と思考が、
止まっていた時間を動かせ、その時間と共に、
思考者を介入させるや否や…

愛は、自由は、その美しさは…
触ることのできない、
あのか弱いアサガオの花びらのように
バラバラに壊れてしまう。

***

f:id:olewakbh:20210512132628j:image

美しい森や山々を背景に
堂々と聳え立つ高層マンション。


四角いべランダーが無数に並ぶ
築何年から始まる、灰色のセメントビルを
好き嫌い…という言葉無しに眺める。


金や物、名誉や権威、愛や同伴者…。

人は常に…何かを所有したがり、
その所有が自分に与えてくれる
地位や自己満足に喜び、微笑み、
そしてそれを他人と比較することで、
安心と安らぎ、そして…何かの自由を見つけ出す。


またその狭い枠の中で、何かを眺め、
その全てが…未来には無いかもしれないという
不安に怯えながら、目の前の美しい景色ではなく、
自分自身を眺める。


そして今の教育は…
あの狭いビルの中で…より良い部屋、
より良い展望の持ち主になるように、
その必要性や方法を植え付けるだけで、


比較や競争の無意味さ、自己満足の虚しさと悲しみ、
その危険性…そして、それら全てを見出すことの
必要性については…
決して教えない。


自然の大切さや調和の必要性は…
図書館の中で誰かを待っている
あの古びた絵本の中に…

「自然は大事にすべきだ」という
親や先生が、子供に読み聞かせる、
もう一つの観念や理想としてのみ存在する。

f:id:olewakbh:20210512133050j:image

しかし、それは本当に…
私たちの日常とかけ離れた観念、
もう一つの「こうあるべき」何かだろうか?


それは本当に…教え、押し付けることで、
親や先生を喜ばせ、満足させるための
何かだろうか?


彼らが夢中になって、子供に教えようとする
その何かは…思考が作り出した無数の絵本や
美しい写真、広告混じりのその動画の中にある
何かだろうか?


果たして…自然の美しさや自由を、
それを見出す
必要性を学ばないといけないのは、
本当に…子供だろうか?
それとも…私たち親だろうか?


自ら感じ取ることができないというのに…
自分の理想や安心や安らぎという
狭い枠を通して、子供を眺めているというのに…
どうやって…それを子供や他人に
教えることが
出来るというのだろうか…。

人は...
子ども
を、誰かを…そして自分を...
本当に愛したことがあっただろうか…。

***


… 問い、悩み、苛立ち、憤り…
ちっぽけな自分の思考が止むとき…

今日も庭の片隅で…か弱い水色のアサガオが、
過去ではない今を懸命に生きていた。

 

♩眩しい季節のなかへ | ビューティフルハミングバード

 

#한국어번역(韓国語翻訳)

lcpam-k.hatenablog.com

 

lcpam.hatenablog.com