韓国人パパの人生と育児 with 哲学

育児と人生について、クリシュナムルティ(J. Krishnamurti)の言葉から気づく日常を書き残しています。コメントや批評全てご自由に。

言葉であり、言葉を超えるもの。

f:id:olewakbh:20220113082954j:image

絆、
愛情、
希望、
情熱、
未来...

...言葉。

どこかで聞こえてくる言葉。
スマホや本で眺める言葉。

自分に絶えず...
心地よい感覚や不快感を
呼び起こす言葉。

2キロ足らずの小さな脳の中で
数え切れない神経束の中で...
そうやって跡を残し、消えていく言葉。
...

決して...リアルなものでも、
何かの実体があるわけでもない、
単なる記号でしかない言葉。

しかし胃が食べ物を消化するように...
無数に張り巡らされたニューロンを使い、
噛み砕き、記号から何かを生み出す言葉。

喜び、
落胆、
苛立ち、
怒り
...涙。

そう…
脳というやつは...

毎日...毎日...
決して休むことなく、
膨大なエネルギーを
使い果たしながら

ただ…ただ…
言葉を飲み込み、消化し、
そして思考を生み続ける。

f:id:olewakbh:20220112012512j:image

美しい自然を眺める瞳、
危険を俊敏に察知する鼻、
暑さや寒さ、刺激から身を守る肌、
アルコールを熱心に分解する肝臓...

そのどれもが...
自分と繋がっている体を守ることに、
それ自身を傷つけないことに熱心なのに...

そうやって他の臓器全てが
力を合わせて
必死に送ってくれるシグナルを...

というやつは…
その中から快を選び、苦を避けようと、
自分が描くイメージで眺めたり、
もしくはその全てを無視する。

そうしているうちに...
体(自分)を守るという観点とは、
全く真逆のことを仕出かしてしまう。
...

f:id:olewakbh:20220113083007j:image

思考。

安全を求めようともがく思考。
自分が持っているものを失うかと思い煩い、
不安がり、比較し、怒る思考。
...
その思考行為こそ、
自分を…自分ではない他人と区別し、
比較し、敵対し、その全てである、
イメージを作り上げて非難する、
不安から生まれた思考と行為こそ…

まさに…
一生をかけて探し求めてきた
安全や幸せというものを
脅かす、
最大の脅威であることを…

不安→思考→行動→不安という
無限ループを作り出す原因であることを…

思考は…いや、人の脳は
果たして気づくことができるだろうか?

もし数千万、数十億の人が、
それと同じループの連鎖を…
ただ…ただ…繰り返しているだけなら…

自然の中にある、
あらゆる命のように…

生きるために自分の限界を知り、
懸命に自らを
変えてきた…
あの進化と呼ばれる何かを…

はたして...人の脳は…
遂げてきたと言えるだろうか?

それとも、
それは…進化というより、
自らを滅ぼす退化のような何かに…
辿り着いてしまったのだろうか?

f:id:olewakbh:20220113083025j:image

***
全く違う、脳の使い方があるだろうか。

不安から逃れ、
安心安全を手に入れようと…
誰かを敵対するそのプロセスがもたらす
新たな不安を
全く生み出さない使い方が...

危険から身を守る、
臓器の機敏さのように、
目の前にある危険を
ありのまま見ることなく…
不安や心配、好き嫌い...
感情やちっぽけな価値観で眺め、
ゆがめてしまう、その危険性に
毎瞬間…毎瞬間...
知覚する使い方が…

あらゆる感覚(五感)に、
またそこから生まれる、
快と苦への反応や
思考に…
一喜一憂し、好きだ...嫌いだと…
性急に言葉にしない使い方が…

特定の反応にではなく…
全ての反応に気づき…
その感情全てを十分味わい…
決して跡を残さない使い方が…

f:id:olewakbh:20220113083156j:image

目の前で今…

苛立ち…
悲しみ…
笑っているあなたに気づき…
同時に自分の姿に気づく生き方が...

言葉。
思考。
…その果てしのない、
エネルギー消耗とは無縁の...

そういう生き方があるだろうか?

そう...
言葉でありながら、

その言葉を超える…

…「愛」という名の…生き方が...

 

♬ 風のつよい日に | 森ゆに

lcpam.hatenablog.com

 

lcpam.hatenablog.com